純正擬きinきれいな抜殻モロバレル

f:id:mr-dontu:20181106205409p:plain

もうポケモンするより勉強しなければいけませんでしたが、夏の模試の成績がかなり良かったので親を説得して、もう1シーズンだけ心残りなポケモンをすることにしました。
前期純正を回してて追撃ち枠を全く選出しなかったので圧縮しようとsdを回していたところ、ゲンガー入りの多くにモロバレルを選出することに目を付けました。
モロバレルにきれいな抜殻を持たせゲンガーを眠らせ、滅びゲンガーを通すということでゲンガー入りに対しての回答として構築を作りました。
ゲンガー入り2メガにも、相手視点から見ると追撃ち枠がないのでゲンガーを迷わず出してくれるので選出択にはならずモロバレル+ゲンガー+ムドーorグライで対応出来ました。


f:id:mr-dontu:20180227114412g:plainf:id:mr-dontu:20180104193852p:plain
エアームド@ゴツメ
特性:頑丈 性格:腕白
172(252)-106(44)-205(212)-×-90-90
ブレイブバード 鉄壁 毒 羽休め

とても有名な調整です。毒ムドーを過小評価してたのがよくわかりました。
ボールはマスター(にしたかった)です

f:id:mr-dontu:20180104200027g:plainf:id:mr-dontu:20180104200050p:plain
ラッキー@進化の輝石
特性:しぜんかいふく 性格:図太い
335(76)-×-62(252)-55-148(182)-70
地球投げ 毒毒 光の壁 たまごうみ
HB 控えめC特化テテフのPF下ショック高乱数耐え

眼鏡テテフおらんし、電磁波ステロの方でボールはフレンドの方が3億倍よかったです。


f:id:mr-dontu:20180104194358g:plainf:id:mr-dontu:20180104194424p:plain
グライオン@どくどくだま
特性:ポイズンヒール 性格:陽気
177(212)-115-145-×-104(68)-158(↑228)
地震 毒々 守る 身代わり

H 16h+1
HD テッカグヤの無補正無振り火炎放射で身代わりが乱数で耐える(ダメージ42~50)
  テッカグヤの下降補整無振り火炎放射で身代わりが乱数で耐える(ダメージ38~45)
S 最速91族抜き(最速霊獣ランド抜き)

H179まで上げてボールはプレミアのほうが良かったかもと書いてておもいました。
あと毒めっちゃ当てて偉かったです。

f:id:mr-dontu:20180103172246g:plainf:id:mr-dontu:20180103172320p:plain
ドヒドイデ@氷Z
特性:再生力 性格:図太い
157(252)-×-224(252)-73-163(4)-55
熱湯 トーチカ 黒い霧 自己再生

クチートに対して何回打っても焼かないどころか、急所貰いまくってたので心評1です。
全然ラブラブボールの恩恵感じませんでした。

f:id:mr-dontu:20180104193831g:plainf:id:mr-dontu:20180103181032p:plain
モロバレル@きれいな抜殻
特性:再生力 性格:生意気
221(252)-×-91(4)-105-145(↑252)-31(最遅)
クリスモ めざ炎 光合成 胞子

めざ炎の枠はイカサマも考えましたが、ゲンガーにイカサマを打たないといけなくなる場面は身代わり採用個体のみで、その場合ほとんどの催眠術を打ってきます。これは結局追撃ち枠を採用していても勝てるとは限らないので切ることにしました。
実際悪巧みをしてくるルカリオナットレイにも打ったので悪くはないと思いました。
最終日当たるゲンガー何故か催眠術採用が多い状態だったので泡吹いて倒れました。

f:id:mr-dontu:20180104200955g:plainf:id:mr-dontu:20180104201024g:plainf:id:mr-dontu:20180104201150p:plain
ゲンガー@石
159(188)-×-100-190-124(68)-200(↑252)(メガ後)
特性:呪われボディ→影踏み 性格:臆病
シャドーボール ミラータイプ 守る 滅びの歌
前期オニゴーリに親を56されたのでミラータイプゲンガーを採用しました。前述の通りゲンガーを通すことを念頭に組んだので道づれは採用しずらく毒技打つ場面でもモロバレルで眠らせて対応出来てたので、毒技が欲しくなった場面はありませんでした。
自分が今までゲンガーを通すということを避けてきたので、ラキの技や他のポケモンの立ち回りを勉強して使ったらもっとよかったのかもしれません。
色ダークボール以外にするヤツは甘えです


無理なヤツ

ゲンガー+テテフ
だいぶ終盤になって気がつきたのも反省のひとつです

カミツルギ
どう倒したらいいのかもうわかりません

神の御加護がある人
自ら負け筋つくってるのに急所引くなや!!!!

切断されたので写真ないです;;
f:id:mr-dontu:20181106205926j:plainf:id:mr-dontu:20181106205952j:plain[f:id:mr-dontu:20181106210014j:plain

昨日~純正受けループの軌跡~

f:id:mr-dontu:20180904061237p:plain

f:id:mr-dontu:20180904045149p:plain
はじめましての方ははじめまして、そうでない方はお久しぶりです。ドーナッツです。僕はこの構築をs8・9・11とあるルーパーの方に教えられて使っていました。結果的に自分自身は2000に到達することがで来ませんでしたが、この構築を共有していた方が2000に到達していたのである程度のポテンシャルは感じました。

〈個体紹介〉

f:id:mr-dontu:20180227114412g:plainf:id:mr-dontu:20180104193852p:plain
エアームド@ゴツメ
特性:頑丈 性格:腕白
172(252)-100-211(252)-×-90-91(4)
岩封封じ(ドリル嘴・ブレイブバード) 鉄壁 ステルスロック 羽休め

岩石ムドーはギャラ グライ等に挑発があった場合仕事ができないのを防ぐ意味合いで採用しました。
実際コケコに当ててグライオンの積め筋としたり、リザ後だしを許さなかったりと、ドリル嘴を差し置いて採用する理由はありました。ただPPがドリル嘴より少ないので終盤にはドリル嘴やマンダの身代わり意識のブレイブバードなどとも交換していました。
マスボムドーは華麗ですよね

f:id:mr-dontu:20180104200027g:plainf:id:mr-dontu:20180104200050p:plain
ラッキー@進化の輝石
特性:しぜんかいふく 性格:図太い
335(76)-×-62(252)-55-148(182)-70
地球投げ 毒毒 光の壁 たまごうみ
HB 控えめC特化テテフのPF下ショック高乱数耐え

役割は有象無象の特殊アタッカーや半端な火力で積み技がない物理、耐久ポケモンなどさまざまです。光の壁はアゴ意識ですが、PP枯らしや眼鏡テテフと対面しても勝てるようになりました。

サファリ色ラッキーよりフレンド色ラッキーの方が好きです


f:id:mr-dontu:20180104194358g:plainf:id:mr-dontu:20180104194424p:plain
グライオン@どくどくだま
特性:ポイズンヒール 性格:陽気
177(212)-115-145-×-104(68)-158(↑228)
地震 毒々 守る 身代わり

H 16h+1
HD テッカグヤの無補正無振り火炎放射で身代わりが乱数で耐える(ダメージ42~50)
  テッカグヤの下降補整無振り火炎放射で身代わりが乱数で耐える(ダメージ38~45)
S 最速91族抜き(最速霊獣ランド抜き)

役割はギルガルド ヒードラン 電気の一貫切りです
大体初手に投げてこられる剣舞リザXに対して毒を打ち、ムドー ドヒドと組み合わせて倒す役割やドリュウズをみることもしていました。

ムーン以外にもネットボールやプレミアボールの色もつくってみたいとおもってます


f:id:mr-dontu:20180104193831g:plainf:id:mr-dontu:20180103181032p:plain
モロバレル@ヘドロ
特性:再生力 性格:穏やか
219(212)-×-103(100)-105-134(↑176)-50
クリスモ めざ炎 光合成 胞子
H 3h+1
HB +2無補正a252ツルギのスマホ確定耐え
無補正a4テッカグヤのヘビボンがヘドロ+再生力で完全回復(中乱数)
HD +2無補正c252レボルトのめざ氷+めざ氷をヘドロ回復込みで73.8%の高乱数耐え
無補正c252レボルトのめざ氷ヘドロ込み確4
無補正c252レボルトのめざ氷を再生力+ヘドロで完全回復
無補正テッカグヤの火炎放射を再生力で完全回復
補整有りc252振りブレードギルガルドシャドーボールをヘドロ+再生力で上から2つの乱数切って完全回復(ダメージ75~86)
C H4 D124カミツルギ(PF下C200テテフのサイキネ耐え)をめざ炎で確1(106.7~127.4%)

ラッキーでみることが難しいジャローダ、レボルト、カプ・レヒレ等の特殊やガッサ、カミツルギをみてました。

フシギバナを差し置いて採用した理由は
とんボルサイクルに対して強く出れること
胞子の誤魔化し性能
ミミッキュ性能
これらを評価しました。レヒレ対面でも回復技を押さなくてよいのも強かったです。
この調整によって従来のHBバレルだと処理の不安が残るレボルトに対して安定するようになりました。

ヒレ対面は浮いてるポケモンに交代される可能性が高く(ランド、リザ等)とりあえず胞子を打つことが多かったです。

このポケモンほどマスボに入れたいポケモンはいないとおもってます


f:id:mr-dontu:20180103172246g:plainf:id:mr-dontu:20180103172320p:plain
ドヒドイデ@氷Z
特性:再生力 性格:図太い
157(252)-×-224(252)-73-163(4)-55
熱湯 トーチカ 黒い霧 自己再生

ヤドランではなくドヒドを採用した理由は
ミミッキュが安定するため
カグヤ ナット 毒持ち耐久ポケモン等のPP枯らしに積極的に参加出来るため
トーチカの定数ダメージ中心のサイクルとの相性のよさ 使いやすさ
これらを評価して採用しました。

特にトーチカを採用したことによって、拘りロックやPP枯らしを有利に進められたりと非常に便利だと感じました。

よく受け系統の対策に挙げられる剣舞雷パン馬車に対しても、トーチカ氷Zによってある程度は誤魔化しを効かせられました。

後述しますが、クチートをムドーよりもドヒドでみた方が勝率が上がったので氷Zで正解でした。雷パン持ちもなんとかなりました。

色違いに合わせるなら僕はやっぱりラブボです


f:id:mr-dontu:20180204154100g:plainf:id:mr-dontu:20180204153809p:plain
バンギラス@悪z
207(252)-160(44)-131(4)-×-160(204)-82(4)
イカサマ 追撃ち 眠る 吠える
最終盤に通話でバンギが強いときいて引っ張ってきた個体です。結局ゲンガーマンダには当たらなかったので使用感はわかりません。
相手にはメガ枠がこいつしかいないのでメガバンギを警戒されてるような場面が度々ありました。

ボール選ぶの難しくないですか?

f:id:mr-dontu:20180103174410g:plainf:id:mr-dontu:20180227111510p:plain
亜ベトン@フィラの実
特性:食いしん坊 性格:意地っぱり
208(220)-(↑252)-×-(36)-
追い討ち 叩き リサイクル どくどくのキバ
http://kumamisogi.hatenablog.com/entry/2018/03/11/015056
こちらの調整で使っていました。

バンギとの違はい砂起こしでの定数ダメージが自分のパーティーに入らないこと
リサイクルでカグヤ入りなどのPP枯らしに参加できること(眠るバンギではカバーできない部分が多いため)
テテフにより強く出れること
安定した回復ソースがあること
これらを考えてベトンを採用しました。

記事では叩き落とすが採用されていますが
使用頻度が高くないこと
ゲンガーを確1で落とすこと
以上を考え噛み砕くに変更しました。

終盤は追撃ち 身代わり 小さくなる リサイクルに変更していましたが、全く活躍しませんでした。

選出率は最下位ですが、色違いの色とビジュアルが好きでお気に入りのポケモンです。

単体 並びへの選出
ここではよくある並び、厳しい立ち回りを強いられる単体・並びへの選出 立ち回りを述べます

vsテッカグヤ
基本的にドヒド+αでPPを枯らしにいきます。壁ラキ+ムドーでも枯らすことは可能ですが、個人的な好みもあってあまりしませんでした。(火炎放射の試行回数で焼けるため)
モロバレルやベトンもカグヤのPP枯らしに参加出来るため、かなり余裕を持った選出をしていました。

vsステロ+エアスラカグヤ
ラキドヒド+αで選出しているのが理想的です。基本的に
ドヒドを対面させる→トーチカ

ラキバック→光りの壁→(適度に回復)

ドヒドへ引き→トーチカをちらつかせながら交換読み熱湯しつつPPを枯らす
という流れになりました。ドヒドがエアスラZを耐えるHPは必ず意識して対戦してました。

ラキを出せず他の選出をせざるをえない場合はおそらくドヒドムドーバレルになるので、半永久的に続く宿り木とエアスラの択を頑張ります。(使う内にこちらが場数を多く踏んでいる状況になるので、あまり悲観的にならず対戦していました)

ランド馬車カグヤはかなりきついです

vsジャラランガ オニゴーリ ビビヨン
ジャラZを打たせてドヒドの氷Zでなんとかしようと試みます。挑発がない個体も増えていてその点に関しては追い風でした。
オニゴリーリ ビビヨンはムドーの挑発の後でラキ引き→毒でなんとかしようと試みますす。もしくはグライで上から毒を打っていました。
オニゴーリ入りスタンパの完成度が高くて正直無理でした。
自分自身のチャレ4回の内ゴーリが2回だったのがきつかったです

vsガルミミガッサ@3
グライムドーバレルで選出していました。
先発グライガルーラ対面守る

グライ毒 ガルーラグロウパンチ

守る ガルーラ恩返しor炎パン

身代わり ガルーラ恩返しor炎パン

守る...
という流れでガルーラを処理します。この構築でレンチを持っている、最速という場合は少ない印象ですがそのときはムドーで処理しました。

vsイーブイバトン
大体ベトンをエーフィに合わせて毒毒の牙で猛毒状態にすればかてます。ラッキーで光の壁を貼った状態でこれをおこなうと相手のエーフィに草結びがあってもかなりの試行回数を稼げるので負けることはないと思います。

vsラティアスクチートガッサ@3
ドヒドバレルラキで選出
この系統のクチート剣舞を持っている場合が少なく(剣舞持ちがかなり減ったと感じていた)、ムドーを選出してもゴツメを叩かれるのが目に見えるためドヒドでみる選出をしていました。
少数ですが雷パン持ちには炎牙がないのでバレルとドヒドでみることで対処しました。
クチート使いは交代読みをよくしてくるので様子見トーチカで自爆させましょう。

vsコケコグロス@4
グライラキムドーで選出してました。
先発グライ コケコ対面になると思いますが、身代わりを選択します。
たとえコケコがめざ氷を持っていても相手から打たれず、グロスへバックされます。
私は電磁波ラキやEFターンを枯らされる動きを警戒しての行動だと解釈しています。
その後石封ムドーでグライの一貫を作るのがこのパーティーのコケコグロスへの解答です

先発グライ (コケコ対面)身代わり
グロスあと投げ
EF枯れるまで身守→地震
↓ ムドーあと投げ(アイへorレンチ)
ムドー石封 おそらくコケコにあたる

グライに引くと地震の一貫が出来ている状況になることで解答としていました。

風船コケコとかいうポケモンに当たって以来コケコグロスには負けを悟るようになりました。

vs共有
グライラキムドーで選出していました。しかしこの選出はカミツルギがスカーフor出てこないことが前提にあるので難しいです。
グライバレルムドーならゲコが水Z前提なら正解かもしれません。

vsランドスイクンゲンガー@3
グライドヒドベトン
s8で流行したパーティーです。先発にグライをおく理由は、ゲンガーがフルアタで裏から出てくるルートをとってくることが多いからです。
ドヒド スイクン対面は熱湯のタイミングで極力トーチカを合せ、瞑想の場合は
グライの身代わりPP>スイクンの熱湯
となるように立ち回りました。
吠えるの場合は上記の勝ち筋が薄くなるだけで、瞑想より楽です。
ベトンがゲンガーを処理しおえたor役割がない場合はスイクンのPP枯らしに参加しました。
正直この手の構築でムドーの選出を強要されるパーティーはかなり厳しいかったです。

vs受けループ
inゲンガー→ベトンムドードヒド
notゲンガー→ムドードヒドラ
可能な限りTwitterで両降参するために、Twitter上で受けルーパーを多くフォローし、失礼のない立ち回りを意識しました。

ここまで読んでくださった方はありがとうございました。僕は純正で戦うのはもう厳しいなとおもいつづけてもなお今季まできましたが、徹夜して臨んでもととかないのはまだよいとして、僕の知り合いがこれであっさり2000に乗せちゃったので心が折れました。来期からもう受験関係のこともありポケモンするかしないかは乱数です。

f:id:mr-dontu:20180904061341j:plain
合計4回もチャレしたのに全部負けるの弱すぎだ...

マスボ色ダンバル捕獲メモ

f:id:mr-dontu:20180728142652j:plain

〈用意するポケモン

希望性格のポケモン(シンクロでなくても可)
→事前に瀕死にしておくことを推奨

特性収穫でトリックorギフトパスとスキルスワップを覚えるポケモン(ナッシー、タマタマ、オーロットボクレー
→事前にヒメリの実をもたせる

バトンタッチを遺伝させたジュナイパー
→事前に満腹のお香を持たせる(アーカラのコニコシティで買える)

ハロウィンを覚えたパンブジン

特性シンクロかつミラータイプを覚えたポケモン(ミュウ推奨)

大量のヒメリの実の栽培、もしくはPP回復アイテム、PP回復ポン

〈手順〉
まずダンバルスキルスワップで特性を収穫にし、トリック ギフトパスで相手にヒメリの実を渡す

満腹のお香をもったジュナイパーでみね打ちをしてHP1にする

パンブジンでダンバルにハロウィンをおこないゴーストタイプを追加する

再度ジュナイパーに交代し、バトンタッチを行う

ミュウに交代し、ミラータイプを使う

以上のことを行うとミュウはゴースト 鋼タイプとなりダンバルがとっしんで自滅せず、PPもほぼなくならない(収穫の発動確立が1/2なので1/2^10=1/1024の確率で自滅するので不安な方はミュウに日本晴れを覚えさせることを推奨)

f:id:mr-dontu:20180728142453j:plain
f:id:mr-dontu:20180728142508j:plain

受けルーパー的受けポケオシャボ

f:id:mr-dontu:20180227185002j:plain
[始めに]
はじめましての方はじめまして、そうでない方はお久しぶりぶりです。ドーナッツです。今回はタイトルの通り個人の主観で受け系統の構築に入りうるポケモンのオシャレボールを考察しました。
ボール全般(プレシャス・コンペは可能なポケモンのみ)を色違い分けて考察します。そのため現在入れることができないボールも含まれますが( )で表示します。

S~Cでのランク付けで図鑑番号順で並べます。

受けループ・サイクルに入りうる潰し枠も考察します。

誤字脱字 ボールのミス 「このポケモンは入るのでは?」があったら遠慮せず@donatu_gameまでお申し付けください。以下常体

[図鑑番号順]
f:id:mr-dontu:20180204151048g:plainf:id:mr-dontu:20180204151109g:plainf:id:mr-dontu:20180204151152p:plainf:id:mr-dontu:20180204151217p:plainf:id:mr-dontu:20180204151238p:plain
f:id:mr-dontu:20180204151255g:plainf:id:mr-dontu:20180204151322g:plainf:id:mr-dontu:20180204151424p:plainf:id:mr-dontu:20180204151440p:plainf:id:mr-dontu:20180204151504p:plain
No.03 フシギバナ 通常色 S ネスト フレンド
            A ドリボ
      色違い S ゴージャス ネスト フレンド
通常色は無難にネスト フレンドが入ってきた。ドリボもエフェクトだけならSだが色があまり合わず
色違いはエフェクト重視で決めた。

f:id:mr-dontu:20180104194956g:plainf:id:mr-dontu:20180104195020p:plainf:id:mr-dontu:20180104195044p:plainf:id:mr-dontu:20180104195109p:plain
f:id:mr-dontu:20180104195138g:plainf:id:mr-dontu:20180104195208p:plainf:id:mr-dontu:20180104195305p:plain
No.06 リザードン 通常色X S ゴージャス ムーン
            A プレシャス
     色違いX S ゴージャス
           A ダーク
リザードンXはメガ進化すると体色が大きく変化するので難しいかった。見た目重視ならムーン エフェクトまで考えたらゴージャスなのではないかと思う。プレシャスは遺伝技がないのがばれる。
色違いのボールのダークはださくない。

f:id:mr-dontu:20180104195324g:plainf:id:mr-dontu:20180104195353p:plainf:id:mr-dontu:20180104195409p:plainf:id:mr-dontu:20180104195422p:plain
f:id:mr-dontu:20180104195434g:plainf:id:mr-dontu:20180104195500p:plainf:id:mr-dontu:20180104195517p:plain
      通常色Y S スピボ プレシャス
        A リピート
       色違いY S ゴージャス ムーン
正直受け系統のポケモンじゃない。Xのついでで考察。6世代のコロコロ配付で性格ランダムのリザが配付された覚えがある。リピートは個人的に6世代のエフェクトのほうが好み。色違いも特に語ることはない。

f:id:mr-dontu:20180104195555g:plainf:id:mr-dontu:20180104195701g:plainf:id:mr-dontu:20180104195722p:plainf:id:mr-dontu:20180104195741p:plainf:id:mr-dontu:20180104195800p:plain
No.36 ピクシー 通常色 色違い Sラブボ ドリボ
    Aヒール    
♂♀の割合がちがくてボール厳選するのが難しいポケモン。ヒールは見た目のくすんだピンクがマイナスポイント。色違いも耳の部分が緑になるだけでボールの評価は変わらず。

f:id:mr-dontu:20180104200857g:plainf:id:mr-dontu:20180104200919g:plain
f:id:mr-dontu:20180104200955g:plainf:id:mr-dontu:20180104201024g:plainf:id:mr-dontu:20180104201112p:plainf:id:mr-dontu:20180104201150p:plainf:id:mr-dontu:20180104201212p:plain
No.94 ゲンガー 通常色 色違い S ムーン
              A ダーク ゴージャス
ムーンが良く似合う。エフェクトもマッチしているし殆どのゲンガーはムーンに入っていると思う。でもダーク ゴージャスも選択肢。ダークださくなくない?

f:id:mr-dontu:20180204151552g:plainf:id:mr-dontu:20180204152436p:plainf:id:mr-dontu:20180204152455p:plainf:id:mr-dontu:20180204152540p:plain
f:id:mr-dontu:20180204152555g:plainf:id:mr-dontu:20180204152621p:plainf:id:mr-dontu:20180204152637p:plain
No.80 ヤドラン 通常色 S ドリボ ダイボ
         A ルアー
       色違い S ダイボ
           A ウルボ ルアー
ドリボ ダイボ共にマッチしている。ルアーはエフェクトこそ素晴らしいがデザインがイマイチ合っていないとかんじたので降格
色違いも基本的に同じでウルボは体色と合っているとかんじたがダイボには勝らず。色違いはメガ進化すると尻尾の黄土色が体を覆うので難しい...ほらそこ!う⚪ことか言わない!

f:id:mr-dontu:20180103174341g:plainf:id:mr-dontu:20180103174410g:plain
      f:id:mr-dontu:20180227111510p:plainf:id:mr-dontu:20180103174442p:plainf:id:mr-dontu:20180103174455p:plainf:id:mr-dontu:20180103174513p:plainf:id:mr-dontu:20180103174543p:plain
No.89 ベトベトン(亜)通常色 色違い
         S ラブラブ サファリ ダーク
          A フレンド
       B ネスト
体色に合わせるのが困難なポケモンの1つ。その中でもサファリ ダークはこのポケモンとよくあっていたのでこの順位。もっとAくれ

f:id:mr-dontu:20180104195853g:plainf:id:mr-dontu:20180104195914p:plainf:id:mr-dontu:20180104195741p:plainf:id:mr-dontu:20180104195800p:plainf:id:mr-dontu:20180104200027g:plainf:id:mr-dontu:20180104200050p:plainf:id:mr-dontu:20180104200114p:plainf:id:mr-dontu:20180104200130p:plain
No.113ラッキー 通常色 Sラブボ ドリボ
Aヒール
    色違い S サファリ フレンド
         A ネスト
通常色とのラブボ ドリボはボールのデザイン エフェクト共にラッキーの体色と合ってgood。ヒールもエフェクトだけなら負けていないがデザインが一歩及ばず。
色違いのSはエフェクト重視ならフレンド、見た目重視ならサファリといったところ。ネストは黄土色の部分がラッキーとマッチしているとは思えず降格

f:id:mr-dontu:20180104201548g:plainf:id:mr-dontu:20180104201607g:plain
f:id:mr-dontu:20180104201629p:plainf:id:mr-dontu:20180104201647p:plainf:id:mr-dontu:20180104201719p:plainf:id:mr-dontu:20180104201737p:plain
f:id:mr-dontu:20180104201754g:plainf:id:mr-dontu:20180104201815g:plain
f:id:mr-dontu:20180104195914p:plainf:id:mr-dontu:20180104195741p:plainf:id:mr-dontu:20180104195800p:plain
No.142プテラ 通常色 S ゴージャス タイマー
        A (ムーン レベボ)
     色違い S ドリボ
        A ヒール (ラブボ)
プテラはオシャボに入れる難易度が非常に高くドリボ以外基本的に出回っていない。ゴージャスはエフェクトとレートの高さから、タイマーは見た目こそアレだが化石ポケモンという設定とエフェクトがマッチしているため。
色違いはメガ進化すると体色のピンクが薄くなってしまうことを加味してランク付けした。

f:id:mr-dontu:20180204152715g:plainf:id:mr-dontu:20180204152741p:plainf:id:mr-dontu:20180204152756p:plain
f:id:mr-dontu:20180204152814g:plainf:id:mr-dontu:20180204152839p:plainf:id:mr-dontu:20180227121413p:plain
No.143 カビゴン 通常色 S ヘビー
          A
           B ネット
       色違い S ヘビー ウルボ
体色が色違いになると濃くなるポケモンなので基本ボールは同じ。色違いに限りウルボは似合う。

f:id:mr-dontu:20180204153217g:plainf:id:mr-dontu:20180204153246p:plainf:id:mr-dontu:20180204153301p:plain
f:id:mr-dontu:20180204153316g:plainf:id:mr-dontu:20180204153419p:plainf:id:mr-dontu:20180204153436p:plainf:id:mr-dontu:20180204153456p:plain
No.195 ヌオー 通常色 S ダイボ
       A ルアー
      色違い S ドリボ
       A ラブボ
         B ヒール
ヌオーかわいい( ᵒ̴̶̷̥́ ·̫ ᵒ̴̶̷̣̥̀ ) ルアーはエフェクトがマッチしているが(ry)色違いのラブボのランクが下なのはピンクが濃すぎるかな?と感じたから。

f:id:mr-dontu:20180227120053g:plainf:id:mr-dontu:20180227120112g:plainf:id:mr-dontu:20180227120141p:plainf:id:mr-dontu:20180227120202p:plainf:id:mr-dontu:20180227120216p:plain
No.197 ブラッキー 通常色 色違い S ムーン
              A ゴージャス
              B ダーク
このポケモンとムーンボールの相性は凄まじい。進化条件が夜を連想させるのがgood(語彙力)
ゴージャス ダークもなくはない。

f:id:mr-dontu:20180204153528g:plainf:id:mr-dontu:20180204153601p:plainf:id:mr-dontu:20180204153636p:plain
f:id:mr-dontu:20180204153653g:plainf:id:mr-dontu:20180227121150p:plainf:id:mr-dontu:20180204153722p:plain
No.223 ポリゴン2 通常色 S リピート ゴージャス
         色違い S(ウルボ)
            A ダイボ
オシャボ難しいポケモンその2。エフェクトとこのポケモンの設定がリピートとマッチしていると感じた。思考停止ゴージャス。
色違いも無機質なポケモンなのでウルボが似合うと思うが入れることができない...ダイボは無難に色合いが良い。

f:id:mr-dontu:20180227114127g:plainf:id:mr-dontu:20180227114330p:plainf:id:mr-dontu:20180227114354p:plainf:id:mr-dontu:20180227114412g:plainf:id:mr-dontu:20180227114330p:plainf:id:mr-dontu:20180227114438p:plain
No.227 エアームド 通常色 S ヘビー
            A ゴージャス
        色違い S ヘビー ムーン
通常色はヘビーが見た目 エフェクトともに相性が良い。hgssでの捕獲は今のヘビボダンバル程ではないが難易度が高かった。色違いも基本的にこの2つがあっている。

f:id:mr-dontu:20180104200204g:plainf:id:mr-dontu:20180104200223g:plainf:id:mr-dontu:20180104195722p:plainf:id:mr-dontu:20180104195741p:plainf:id:mr-dontu:20180104195800p:plain
No.242 ハピナス 通常色 S ラブボ ドリボ
Aヒール
        色違い S ラブボ ドリボ ヒール
通常色はラッキーと同様。しかし進化すると体色が緑ではなく薄ピンクとなるためヒールを昇格させた
特段語ることがない。

f:id:mr-dontu:20180204153744g:plainf:id:mr-dontu:20180204153809p:plainf:id:mr-dontu:20180204153834p:plainf:id:mr-dontu:20180204153944p:plainf:id:mr-dontu:20180204154017p:plainf:id:mr-dontu:20180204154034p:plainf:id:mr-dontu:20180204154046p:plain
f:id:mr-dontu:20180204154100g:plainf:id:mr-dontu:20180204154126p:plainf:id:mr-dontu:20180204154139p:plainf:id:mr-dontu:20180204154159p:plainf:id:mr-dontu:20180204154215p:plainf:id:mr-dontu:20180204154230p:plainf:id:mr-dontu:20180204154303p:plain
No.248 バンギラス 通常色 S サファリ ヘビー
            A フレンド ゴージャス
            B ダーク
            C ネスト
         色違い S フレンド ゴージャス
            A ダーク
            B ネスト ヘビー
            C サファリ
ボール諸説ポケモン。通常色ではヘビーは高く評価するが他のボールを差し置いてという訳ではない。サファリは通常色の緑とマッチしている。
色違いのボールはもう正直わからないです...意見募集中

f:id:mr-dontu:20180227114744g:plainf:id:mr-dontu:20180227114800g:plainf:id:mr-dontu:20180227114818p:plainf:id:mr-dontu:20180227114858p:plainf:id:mr-dontu:20180227114842p:plain
No.292 ヌケニン 通常色 色違い S(コンペ)
               A(ムーン)
   B(ダーク)
このポケモンの仕様上モンボ以外には入らないがいつか仕様が変わってオシャボに入れられることができる日がくる時を切に願う。コンペはヌケニンの光の輪とデザインの相性がgoodだから。ムーンも同様。ダークは蝉の抜殻だから
ヌケニンのコンペはバグを4世代で使うと存在するボールですが線引きが微妙なため()表記にした

f:id:mr-dontu:20180227114913g:plainf:id:mr-dontu:20180227114940p:plainf:id:mr-dontu:20180227114956p:plainf:id:mr-dontu:20180227115006g:plainf:id:mr-dontu:20180227115027p:plain
No.302 ヤミラミ 通常色 S ムーン
           B ウルボ
         色違い S ゴージャス
ヤミラミと言う名の通りムーンが似合う。ダークは絶対に色合いが調和しない。ウルボはエフェクトを評価してランクインさせた。
色違いは強いて言えばの状態で、このポケモンの色違いが残念ですとしか言い様がない。惜しい

f:id:mr-dontu:20180104202049g:plainf:id:mr-dontu:20180104203033g:plain
f:id:mr-dontu:20180104203113p:plainf:id:mr-dontu:20180104203140p:plainf:id:mr-dontu:20180104203157p:plain
f:id:mr-dontu:20180104203219g:plainf:id:mr-dontu:20180104203238g:plain
f:id:mr-dontu:20180104203311p:plainf:id:mr-dontu:20180104203140p:plainf:id:mr-dontu:20180104203157p:plain
No.334 チルタリス 通常色 S ダイボ ドリボ
            A プレミア
         色違い S ゴージャス ドリボ
            A プレミア
通常色 色違いどちらにもドリボが入ってきたのはチルタリスのもふもふ感とエフェクトが合っているから。プレミアは体色が白いから。
色違いのプレミアは体色の他に色違いとしての相性
が良いから。

f:id:mr-dontu:20180227111536g:plainf:id:mr-dontu:20180227111558p:plainf:id:mr-dontu:20180227111613p:plainf:id:mr-dontu:20180227111634p:plain
f:id:mr-dontu:20180227111701g:plainf:id:mr-dontu:20180227111725p:plainf:id:mr-dontu:20180227111738p:plainf:id:mr-dontu:20180227111752p:plain
No.373 ボーマンダ 通常色 S ルアー
            A スーパー
            B ダイボ
       色違い S サファリ フレンド ネスト
通常色のスーパーをSにしない理由としてはエフェクトの点。マンダとの相性も正直過大評価だと感じている。ダイボは選択肢としては弱い。
色違いは緑なので自然にサファリ ネスト フレンドが入ってきた。マンダでのサファリ ネスト フレンドは優劣をつけるのが難しい。

  f:id:mr-dontu:20180227115217g:plainf:id:mr-dontu:20180227115247p:plainf:id:mr-dontu:20180227115306p:plainf:id:mr-dontu:20180227115319p:plain
  f:id:mr-dontu:20180227115337g:plainf:id:mr-dontu:20180227115403p:plainf:id:mr-dontu:20180227115430p:plain
f:id:mr-dontu:20180227115451g:plainf:id:mr-dontu:20180227115521p:plainf:id:mr-dontu:20180227115537p:plain
f:id:mr-dontu:20180227115552g:plainf:id:mr-dontu:20180227115616p:plainf:id:mr-dontu:20180227115636p:plain
No.380 ラティアス 通常色 S ラブボ(ドリボ)
            A ヒール
         色違い S ゴージャス ラブボ
     メガ 通常色 S ムーン マスター
         色違い S フレンド
           A ネスト
ラブボは体色とエフェクトどちらの観点から見ても最高の相性だと考える。ポケモナーに需用がある。ヒールもエフェクトだけなら悪くないがデザインが(ry)他に選択肢合ったら教えてください。ドリボも入れられるならいれてみたい...
色違いは体色とラティオスの色違いの関係でキーマカレーにしか見えないがゴージャスが似合う。難易度が高いがラブボも一考。

f:id:mr-dontu:20180227115046g:plainf:id:mr-dontu:20180227115845p:plainf:id:mr-dontu:20180227121311p:plain
f:id:mr-dontu:20180227115106g:plainf:id:mr-dontu:20180227115132p:plainf:id:mr-dontu:20180227121256p:plain
No.450 カバルドン 通常色♂ S ゴージャス
            B ハイパー
        色違い♂ S ゴージャス
             A サファリ
思考停止ゴージャス。ハイパーも一考するレベルだが色違いになるとサファリが似合うようになると思う。

f:id:mr-dontu:20180227115823g:plainf:id:mr-dontu:20180227115845p:plainf:id:mr-dontu:20180227115910p:plainf:id:mr-dontu:20180227115929p:plain
f:id:mr-dontu:20180227115949g:plainf:id:mr-dontu:20180227120013p:plainf:id:mr-dontu:20180227120028p:plain
    カバルドン 通常色♀ S ゴージャス ヘビー
            A ダーク
         色違い♀ S サファリ ダーク
色合いは♂の方が好きだがボールと合わせることを考えると格段に♀の方が考えやすい。色違いの黒緑とダークは個人的におすすめしたい。サファリも甲乙つけがたい。

f:id:mr-dontu:20180104194233g:plainf:id:mr-dontu:20180104194305p:plainf:id:mr-dontu:20180104194323p:plainf:id:mr-dontu:20180104194337p:plain
f:id:mr-dontu:20180104194358g:plainf:id:mr-dontu:20180104194424p:plainf:id:mr-dontu:20180104194449p:plainf:id:mr-dontu:20180227205243p:plainf:id:mr-dontu:20180227121413p:plain
No.472 グライオン 通常色 S ムーン
            A ダーク ゴージャス
     色違い S ムーン
          A ダイボ ネット(ウルボ)
オシャボ難しいポケモンその3。結局進化条件が決め手でムーンになった。ワンランク下のダークはボールの緑が、ゴージャスはエフェクトとの兼ね合いで降格。
色違いはボールのデザインとポケモンを重視するならダイボもありだがやはりムーンが優秀だった。ネットボールはこのポケモンのデザインと合っているのでgood

f:id:mr-dontu:20180227120247g:plainf:id:mr-dontu:20180227120311p:plainf:id:mr-dontu:20180227120329p:plainf:id:mr-dontu:20180227120356p:plainf:id:mr-dontu:20180227120407p:plainf:id:mr-dontu:20180227120420p:plainf:id:mr-dontu:20180227120433p:plain
f:id:mr-dontu:20180227120447g:plainf:id:mr-dontu:20180227120311p:plainf:id:mr-dontu:20180227120329p:plainf:id:mr-dontu:20180227120356p:plainf:id:mr-dontu:20180227120530p:plainf:id:mr-dontu:20180227120548p:plainf:id:mr-dontu:20180227120610p:plain
No.485 ヒードラン 通常色 S レベボ ヘビー
           A ゴージャス (ドリボ)
            B ネット リピート
         色違い S レベボ ヘビー
            A ゴージャス リピート
            B プレミア
            C ヒール
通常色はくすんだ赤なのでリピートの順位は落ちている。ネットボールが入ってきたのはこのポケモンが巷でGとよばれているため。
色違いは通常色より明るい赤のためリピートの順位を上げた。ヒールは目の色を意識するなら。

f:id:mr-dontu:20180104193942g:plainf:id:mr-dontu:20180104194047p:plainf:id:mr-dontu:20180104194031p:plain
f:id:mr-dontu:20180104194114g:plainf:id:mr-dontu:20180104194150p:plainf:id:mr-dontu:20180104194205p:plain
No.488 クレセリア 通常色 S ヒール ムーン
         色違い S ムーン
            A ダイボ
珍しくヒールが似合うポケモン。通常色でも設定が影響してムーンが似合う。色違いは言うことなし!
            
f:id:mr-dontu:20180104193718g:plainf:id:mr-dontu:20180104193744p:plainf:id:mr-dontu:20180104193800p:plainf:id:mr-dontu:20180104193818p:plain
f:id:mr-dontu:20180104193831g:plainf:id:mr-dontu:20180104193852p:plainf:id:mr-dontu:20180104193906p:plainf:id:mr-dontu:20180104193926p:plain
No.591 モロバレル 通常色 A モンボ リピート
             ネスト
         色違い S マスター
            A ダイボ ゴージャス
モロバレルだけはモンボもオシャボで良いと感じる。エフェクト重視ならネスト、モンボ感を残しつつエフェクトも欲しいならリピート
色違いはマスターが似合うが夢特性との兼ね合いが敷居を上げる。現実的なのはダイボ ゴージャス。

f:id:mr-dontu:20180103181546g:plainf:id:mr-dontu:20180103181611p:plainf:id:mr-dontu:20180103181625p:plain
f:id:mr-dontu:20180103181649g:plainf:id:mr-dontu:20180103181719p:plainf:id:mr-dontu:20180103181736p:plain
No.594 ママンボウ 通常色 S ラブボ ダイボ
         色違い S ムーン ダイボ
正直受け系統に入るのか?ポケモン。水ポケモンなのでダイボはやはり似合う。色違いは紫なのでムーンに入れたい。

f:id:mr-dontu:20180103181304g:plainf:id:mr-dontu:20180103181321p:plainf:id:mr-dontu:20180103181337p:plainf:id:mr-dontu:20180103181408p:plainf:id:mr-dontu:20180103181437p:plain
f:id:mr-dontu:20180103181452g:plainf:id:mr-dontu:20180103181513p:plainf:id:mr-dontu:20180103181526p:plain
No.598 ナットレイ 通常色 S ネスト(ヘビー)
          A ゴージャス(フレンド)
         色違い S タイマー ゴージャス
おそらくUSMで最も出現が求められてたポケモンの一匹。ヘビーに入れたい。ただフレンドが下なのは友達になりたくないから。
色違いは赤部分とボールのデザインが◎ゴージャスも無難に似合う。

f:id:mr-dontu:20180103181009g:plainf:id:mr-dontu:20180103181032p:plainf:id:mr-dontu:20180103181048p:plainf:id:mr-dontu:20180103181107p:plain
f:id:mr-dontu:20180103181144g:plainf:id:mr-dontu:20180103181207p:plainf:id:mr-dontu:20180103181229p:plainf:id:mr-dontu:20180103181243p:plain
No.658 ゲッコウガ 通常色 S ダイボ ムーン
            A ウルボ
            B ネット
         色違い S ゴージャス ムーン
            A ダーク
♂♀割合がちがくて厳選するのが難しいポケモンその2。USMで出現してボール厳選の難易度が下がった。ウルボはエフェクト重視なら選ばれるか。
色違いは王道の黒でゴージャス ムーンから選択だと感じた。ダークもなくはない。

f:id:mr-dontu:20180103180734g:plainf:id:mr-dontu:20180103180758p:plainf:id:mr-dontu:20180103180815p:plain
f:id:mr-dontu:20180103180853g:plainf:id:mr-dontu:20180103180922p:plainf:id:mr-dontu:20180103180948p:plain
No.681 ギルガルド 通常色 S ヘビー ムーン
         色違い S ゴージャス
            A ダーク
ボールの選択肢は少ないように見えるがそれぞれ違ったよさがあり、それが顕著に現れるポケモン。型も豊富なので型にあわせてボールを変えるのも面白いかもしれない。

f:id:mr-dontu:20180103180443g:plainf:id:mr-dontu:20180103180510p:plainf:id:mr-dontu:20180103180535p:plain
f:id:mr-dontu:20180103180557g:plainf:id:mr-dontu:20180103180620p:plainf:id:mr-dontu:20180103180645p:plain
No.706 ヌメルゴン 通常色 S ダイボ リピート
         色違い S ヒール
            A ラブボ
かわいい♥ヒールが似合う数少ないポケモン。(色違い)通常色はボールを選ぶのが難しいが、色違いはヒールが似合う。色違いの色合いとヒール特有のピンクが一番似合う。

f:id:mr-dontu:20180103165859g:plainf:id:mr-dontu:20180103172203p:plainf:id:mr-dontu:20180103172220p:plainf:id:mr-dontu:20180227121640p:plain
f:id:mr-dontu:20180103172246g:plainf:id:mr-dontu:20180103172320p:plainf:id:mr-dontu:20180103172342p:plainf:id:mr-dontu:20180103181513p:plainf:id:mr-dontu:20180227111851p:plainf:id:mr-dontu:20180103172407p:plain
No.748 ドヒドイデ 通常色 S ダイボ ルアー
             A ウルボ
      色違い S ラブボ ゴージャス タイマー
         B プレシャス ヒール
通常色はルアーがよく似合う。エフェクトもダイボより派手なのだが、ダイボのデザインもマッチしているので悩ましい。人とは違うのがよければウルボも選択肢としてはあり。
色違いはラブボ一択と思われがちだが黒の部分も多くエフェクトも派手なゴージャスも忘れてはいけない。タイマーは色ドヒドとエフェクトの相性が抜群なので十分選択肢に入る。プレシャスはポケセン夢特性の卵が配布された際に色違いを産まれるということから可能ではあるが黒いきりを覚えてない。ヒールは微妙。

f:id:mr-dontu:20180103165519g:plainf:id:mr-dontu:20180103165737g:plainf:id:mr-dontu:20180103165800p:plainf:id:mr-dontu:20180103165813p:plainf:id:mr-dontu:20180103165832p:plain
No.778 ミミッキュ 通常色 色違い
          S ゴージャス ラブボ ムーン
ボールの種類は人の好みで人それぞれだと思うが基本的にこの3種類だと思われる。強いて言えばエフェクトが派手なゴージャス、見た目(特に色違い)との兼ね合いで優秀なゴージャス、エフェクト デザインを両方浅く兼ねているムーンと言ったところ

f:id:mr-dontu:20180103174159g:plainf:id:mr-dontu:20180103174228p:plainf:id:mr-dontu:20180103174248p:plainf:id:mr-dontu:20180103174306p:plain
No.787 カプ・ブルル 通常色 S ゴージャス フレンド
            A ネスト
このポケモンは基本的にこの三択で良いと思う。ネストの評価が低いのはボールの黄緑が似合わないから。色違いは出現しないので割愛。色違いのブロックルーチンとか誰も得しないからはやくはずせ

f:id:mr-dontu:20180103173541g:plainf:id:mr-dontu:20180103173608p:plainf:id:mr-dontu:20180227121512p:plainf:id:mr-dontu:20180103173619g:plainf:id:mr-dontu:20180103174108p:plain
No.793 ウツロイド 通常色 S ダイボ
            A ウルボ
         色違い S ゴージャス
クラゲっぽい見た目とダイボのエフェクトが似合うポケモン。ウルボもなくはないが、ウルボは甘え。
色違いはゴージャス一択。ウルボは(ry)

f:id:mr-dontu:20180103133741g:plainf:id:mr-dontu:20180103133819p:plainf:id:mr-dontu:20180103133848p:plain
f:id:mr-dontu:20180103134504g:plainf:id:mr-dontu:20180103173241p:plainf:id:mr-dontu:20180103173259p:plainf:id:mr-dontu:20180103173313p:plain
No.797 テッカグヤ 通常色 S ヘビー
            A ネスト
         色違い S ヘビー ムーン
            A プレミア
通常色は鋼タイプ定番のヘビーに加え、イメージや緑が含まれていることを考えネストも選択肢に入れた。ウルボは(ry)
USMから色違いも粘ることが可能となり安定のヘビーにムーン、体色からプレミアが似合うと思う。

f:id:mr-dontu:20180103132121g:plainf:id:mr-dontu:20180226201437p:plainf:id:mr-dontu:20180103132747p:plainf:id:mr-dontu:20180103132800g:plainf:id:mr-dontu:20180103132826p:plain
No.804 アーゴヨン 通常色 S(ウルボ)(ムーン)
         色違い S(ゴージャス)
何故受け取るボールがウルボじゃないのか疑問に思うポケモン。ゲーフリのオシャボ勢に対する嫌がらせ。色違いは王道のゴージャス。

[最後に]
最後までご覧くださりありがとうございました。私はオシャボもポケモンバトルの楽しみ方のひとつだとかんがえているのでオシャボを粘る人がもっと増えてくれることを切に願います。

S7&からきおす杯使用 これはまるで虚無そのもの

<始めに>
f:id:mr-dontu:20180122012045p:plain
はじめましての方ははじめまして、そうでない方はお久しぶりです。ドーナッツです。結果的にはレート2000行きませんでした。今期は2つ目標がありました。
・レート2000 ・レリセしない
レリセしないことでわかったことは運負けの流れをだらだら引きずってしまうことが多々ありレリセすることに対する考え方を見直すキッカケになったと思います。今回もレート2000へ乗せることができず悔しい気持ちというよりは虚無感が大きいです...
序盤~中盤にかけては勝率80%以上を叩き出しており、からきおす杯での結果は3-2とはいえ充分な手応えを感じていたので公開に至りました。
(以下常体)

<構築経緯>
ポケモン(特にアーゴヨン)に強いヒードランを軸とし使い慣れたドヒドイデモロバレルを採用した。ただ地面、電気(主にコケコ、ランド)に回されるとドランが過労死するのでグライオンを採用。本来はテッカグヤを採用して5体が決まるはずだったがグロスのことを考慮し泣く泣くポリ2へ変更。ここまででジャラランガ デンジュモクが重いためミミッキュを採用した。

f:id:mr-dontu:20171230100621p:plainf:id:mr-dontu:20171230100713p:plainf:id:mr-dontu:20171230100730p:plain
f:id:mr-dontu:20171230103241p:plainf:id:mr-dontu:20171230103258p:plain<重い

f:id:mr-dontu:20171230103329p:plainf:id:mr-dontu:20171230103357p:plainを採用

f:id:mr-dontu:20171230103604p:plainをぶちこんで完成

<個体解説>
f:id:mr-dontu:20180122021516j:plain
グライオン@毒玉 慎重H212 A44 B4 D244 S4
地震 ハミチン 守る 羽休め
よくいるHDグライ。羽休めのあるグライオンは使いやすく取巻きで毒 火傷を撒けば無理矢理HPを削りとることができる。羽→守る→羽→守るを繰り返すだけで処理ルートをとれるポケモンも少なくないので選出が柔軟になった。ハミチンなのは後述するが処理ルートが確保できないポケモンのため。有利対面ではハミチンする。偉い人から教えてもらった。このパーティーの勝率が高いのはこの子のせい
しかしながらランドに対して毒でないと遂行速度にムラがでることやそもそもランドの大半が爆発してくるのでHSの方が今の環境ではやり易いと思う。またコケコがリフレクやめざ氷をほぼ必ず持っていてグライのみで見るルートだけを追うのは危険なので注意が必要。
色グライはムンボ一択じゃないですか?
からきおす杯選出4/5

f:id:mr-dontu:20180122011223j:plain
ポリゴン2@輝石 図太い
アナライズH244 B252 CDS4
シャドボ 冷ビ 毒 再生
激弱ポケモン。xy時代にも使ったことことがあるのだがインフレが進んでいて数字がギリギリで正直選出したくない。シャドボなのはゲンガー入りに強く出るため。マンダは全てHDだと思って戦わないといけない。羽休めのタイミングで毒を刺す。その手の択には受けループ使ってるといやでも多くこなすので大体勝てた。
イカサマはなくても意外に障害が少なかった。
からきおす杯選出4/5

f:id:mr-dontu:20180122011244j:plain
モロバレル@ヘドロ
クリスモ めざ炎 光合成 胞子
H236 B252 D20
前期個体の流用。今季はギャラが多くめざ炎→ギカドレでヘドロを半分実に変更するほうがよかった。またミミッキュの影響でランドがよく出てくるので努力値はこれで間違いないと感じている。ドヒドが出せないパーティーでもバレルで対処するといったことができて強かった。ただ終盤あたりから挑発 ボルチェン めざ氷 のようなレボルトが増えていて厳しくなっていた。
今期増えたと個人的に感じるミラーではこのポケモンのPPがキーになるので注意して動くようにしていた。
自慢のポケモンに弱いのが難点。
からきおすバレル選出2/5

f:id:mr-dontu:20180122011305j:plain
ミミッキュ@ミミZ 意地
H148 A134 B220 D4 S4
HB 無補正リザXのフレドラ確定耐え
じゃれ 影うち 呪い 剣舞→鬼火
既存のABミミッキュの配分を少し弄ったもの。リザXやギャラに対して強気に出れるようにするためにABにしたが受けサイクルに組み込んだため扱いが非常に難しくかんじた。ただ範囲的受からないものや、積み技で受からないポケモンの誤魔化しとしては優秀だった。(デンジュモク等)繰り返すように今季はギャラが多く、このパーティーではガルーラのケアをこの子に任せるため鬼火を採用した。Z無しでもギャラドスストッパーとなれるのは評価できる。またドヒド バレルではケアしきれない物理積みポケモンにも投げられるのがgood
オニゴーリに対しても誤魔化し程度にはなる。
選出率こそ控えめだが受けを崩しにきたポケモンに対して強く半壊させることもしばしば。もう少し選出したら勝率は上がったと感じた。
からきおす杯選出0/5

f:id:mr-dontu:20180122011327j:plain
ドヒドイデ@氷Z 図太い
HB252 D4
熱湯 毒毒 黒い霧 再生
いつもの。今回はギャラドスのケアをこの子中心するため氷Zを採用。結果として勝ちに繋がる場面が多くこれがベストだとかんじた。ミミッキュとの同時選出でもZは基本的にこちらを優先した。ランド対面はHP満タンだと突っ張ることで型がおおよそ割れるのでよく考えて立ち回る。フェローチェが地面技を持っているのは対して気にならず、やはりまだまだ十分安定すると言える。
雷パン馬車に雷パンクチートは末代まで呪う
からきおす杯選出2/5

f:id:mr-dontu:20180122022003j:plain
ヒードラン@食べ残し 穏やか
H212 B36 C4 D252 S4
H 16n+1
B リザXの逆鱗の乱数が変わる程度
D ぶっぱ
CD 端数
噴煙 大地 毒 守る
アーゴヨン対策らしきもの。考察が進む内にアーゴヨン側の立ち回りが正解に近づいており、今このポケモンで対策するのは一工夫必要だと感じている。
単体性能が非常に高いため役割が過剰になりすぎないように注意した。サイクルの中でも守るところと守る読みでの行動を使い分けアドバンテージをとってく。噴煙は30%の追加効果は強力なもののテテフへの遂行速度低下を考えると火炎放射の方が適していたと感じた。これだけ耐久に割いても不意の気合い玉で残飯込み確定2まで削られ崩されるのでいかに守るとの小さな択に勝つかだと思う。
からきおす杯選出3/5

<選出> きつい並びだけ

vsガル ミミ ガッサ@3
ミミッキュ+バレル@1
ミミッキュでガルーラに鬼火を巻けないときつい。ミミZは吐きたい場面よりも鬼火打ってアドをとる方が良かった。@1には本当に色々出した

vsアゴ ギャラ ハッサム@3
ドヒド ドラン @1 or バレル ミミッキュ グライ
@1はバレル ミミッキュが多かった。基本的にドヒドがギャラドスを焼かなきゃ負け。思考回数は相手が思うより多いのか悠長に行動してくれて助かった
火傷をギャラドスに入れればバレルでも安定してギャラドスを対処できるので、きつい並びは後者の選出をした。後者の選出はアーゴヨンに対面択当てるという不安定な処理になるが頑張った

vsカバ マンダ ガルド@3
グライ ポリ2 ドヒドorドラン
フェローチェがいる場合はドヒドを投げ、ドヒドでサイクル勝ちできなさそうならドランを投げるといった消去法的に選出した。基本的に交代読みを多用しいかにギロチンを当てるかというゲームが一番勝ちやすい。ギロチンの使用回数のおかげで読みが非常にやりやすくグライ最強でした。

vsグロス
ポリ2 グライ @1
この構築は特段きつい訳ではないがアイへ2連怯みに冷パン氷 雷パン麻痺 というもうプレイングどうこうの次元じゃない負けかた故きつい。このパーティーが解散した理由

vsラティアス
ミミッキュ グライ @1
先発で間違いなくラティアスがでてくるのでミミッキュを合わせ、交代読みグライバックでギロチンを打つ。皮もあわせて最悪でも2回ギロチンチャンスがあるのでとにかくミミッキュを大切にした。



シーズン終わってTLみてると一緒に頑張ってたルーパーはかなり結果を残していて悔しいです。中でも心にきたのはこちらが構築相談している一人に同じ系統の構築で2000のせられたこと。(悪口じゃないです)自分の弱さが浮き彫りになった。

















f:id:mr-dontu:20180123195714j:plain
あすぱぁさんごめんなさい。

S4∽S6使用構築 眠るラッキー採用ループ

f:id:mr-dontu:20171110210612p:plain
はじめまして。ドーナッツという者です。s4∽s6まで使っていた受けループの供養を兼ねて筆をとらせて頂きました。以下常体

構築経緯
s3で1957に届いた際にグライオンを試験的に採用せず回していたことと、グライ抜きループで結果を出していた方がいたので方向が間違いではないと感じ当時の構築から派生させることにした。以下が当時の構築
f:id:mr-dontu:20171110211917j:plain

課題だったコケコ、レヒレ、レボルトに好き勝手にされること毒ドラン、ガルドが無理なことを解決するためにモロバレルと眠るラッキーを採用した。また追討ち枠を潰し枠をある程度兼ねられるプテラに変更した。



個体紹介
f:id:mr-dontu:20171110212638j:plain

ドヒドイデ@たべのこし
熱湯 毒々 黒いきり 再生
HB252 D4
あらゆるパーティーに出して無理をさせてしまった。氷Zも考えたがグライが担うべきPP枯らしを担うことが多くたべのこしで採用した。モロバレルで地面枠を見る選出を強要された場合は初手で投げて毒を打つようにしていた。また後述のバレルでレボルトをみているのでボルト入りには毒を打たないようにしていた。雷パン馬車は諦める。




f:id:mr-dontu:20171110213736j:plain
ラッキー@輝石
投げ 毒 †眠る† 産み
H156 B252 D100
HB CFでC特化テテフのショック2耐え
眠るを採用した理由は前述の通りだが副産物としてPP枯らす際、不意の毒に柔軟に対応できた。グライが担うべきポケモンをある程度このポケモンでみることにした。眼鏡テテフにも毒さえ刺さっていればショックに対して産みを続け最後に眠ることで削ることも可能。また物理ポケモンと対面した際に2耐えするなら毒⇒眠るでサイクルをすることもあり、見た目よりは使いやすい。眠るを見せた後は安易な読みに毒を刺すこともしばしば。毒グライになら勝てるがs6終盤はギロチンばかりで結局ムドーを投げていた。ドヒドと同じくボルト入りには毒を打たないようにしていた。




f:id:mr-dontu:20171110215243j:plain
エアームド@ゴツメ
ドリ嘴 鉄壁 挑発 羽休め
HB252 S4
終盤になるにつれて置物と化したので変えたかったが変更案がまとまらずこのままだった。特にいうこともないがギャラドスは9割挑発からはいってくるのでドリ嘴から入るようにしていた。クチート意識のアイへも考えたがギャラドスの処理を考えドリ嘴を選択した。




f:id:mr-dontu:20171110220014j:plain
ヌオー@お盆
熱湯 カウンター 蓄える 再生
HB252 D4
リザ入りやコケコグロスをみる(みれてない)
HBは振りきらないとお盆込みのリザXの逆鱗の乱数がさらに怪しくなる。こいつでないと対応が厳しいポケモン(雷パン馬車、剣舞ランド・ガルド)が多くいるのだが技構成が熱湯、蓄えるが故に選出を渋ってしまう場面があったので間違えなくかえるべき。大切に扱うことを心がけた。




f:id:mr-dontu:20171110220916j:plain
プテラ@石
エッジ 氷の牙 かみ砕く 追討ち
AS252 D4
ジオットさんという方のプテラをほぼ丸ぱくした。ダメ計回すとすぐわかるのだがこれでもリザXが確定とれなかったり、メガゲンガーに対してかみ砕くが乱数絡んだりと受けループで使う上ではこれ以外になかったと考えている。技構成はアイへが欲しい場面も多くあったので潰し枠の面を突き詰めるなら一考。因みにテテフの攻撃はメガ状態だとほぼ間違えなく耐えるので(CFサイキネが最高乱数除いて耐える)持ち物判定や詰め筋としても使った




f:id:mr-dontu:20171110233412j:plain
モロバレル@ヘドロ
クリスモ めざ炎 光合成 胞子
H236 B252 D20
H 3n+1
HB ミミッキュの+2Zシャドクロ確定耐え
HD レボルトの+2めざ氷の乱数が変わる辺り
かなり変な構成のバレル。持ち物については水ロトムのトリックを受けるためにヘドロとした。カミツルギやレボルトを後だしからみることを考えた結果こうなった。モロバレルは使えば使うほどてに馴染む感じのポケモンなのでぜひ使ってみて欲しい。

レボルトを後だしから処理するルートは
バレル後だし⇒レボルト行動(恐らく悪巧み)
レボルトめざ氷(確定耐え)⇒バレル胞子
レボルト寝ている ⇒光合成
レボルト寝ている(最速起き非考慮)⇒クリスモ
を繰り返す。相手が眠りターンを消費する動きをとったらなるべくボルトの受け出し時にダメージを与えるようにした。最速起きを考慮するのは精神的に余りよろしくないので先発に投げることがおおかった。




選出
リザ入り⇒ラッキー、ヌオー@1
リザxyどちらもカバーする選出。ラッキーリザ対面でヌオーに引く。相手が引いたらYと判断しサイクルを回す。Xだと突っ張るのでヌオーで処理してラッキー@1でサイクルを行う

ゲンガー入り⇒プテラ@2
@2にはラッキームドーが多かった。カグヤだとドヒドイデを絡めてプテラで圧をかける。だいたい負ける。

ゴーリ入り⇒プテラ、ラッキー@1
プテラを先発に出すとき、そうでないときあるがプテラとゴーリを対面させるためにラッキーや@1で釣りを積極的に行った。

課題
ゲンガーウツロカグヤの崩し
テテフ
剣舞ガルド


決して満足とは行かないがこれを糧にしてUSMでは更なる精進をしていきたい
f:id:mr-dontu:20171111000050j:plain
誤字脱字の指摘、質問あればコメントか@donatu-gameまで

17日追記 構築QRです。もしよければ。
https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/sm/BT-4D38-871A





















グライオンとゲンガーはやっぱり使おう